ネット予約 TEL LINE

野球肘 | 白山市・金沢市 ヒデ・スポーツ整骨院

お問い合わせはこちら

野球肘

野球肘なら白山市西新町のヒデスポーツ整骨院の専門治療で改善

野球肘とは、「上腕骨内側上顆炎」といい、繰り返し行われる投球動作や不適切なフォームにより、肘の内側にストレスが加わり痛みを引き起こしてしまいます。軽度の場合、投球時に痛みを感じる程度ですが、炎症がひどくなると運動後も痛みが引かず、日常生活でも痛みが出るようになります。そんなときはお早目に白山市西新町のヒデスポーツ整骨院までお越しください。

野球肘の原因はそれだけではなく、身体のバランスが原因となっている場合があります。身体のバランスが悪いと、代償動作といって本来使うべき体の部位が弱ってきたときに、別の部位が取って代わり、身代わりとなってその役目を果たします。
投球動作は、肩甲骨を使って、肩と腕を連動させるのが、負担の少ない正しい投げ方です。

しかし、肩甲骨がスムースに使えなくなると、腕や肩だけを使って投げたり、本来使うべきではない筋肉の部位を使ったりして、誤った投げ方をしてしまい、肘などに負担をかけ、野球肘を引き起こしているのです。白山市西新町のヒデスポーツ整骨院では、野球肘の専門治療を行っておりますので、是非一度お越しください。