紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

成長痛(オスグッド・シーバー病・有痛外脛骨等) | 白山市・金沢市 ヒデ・スポーツ整骨院

お問い合わせはこちら

成長痛(オスグッド・シーバー病・有痛外脛骨等)

成長痛にお困りの方は白山市西新町のヒデスポーツ整骨院まで

成長痛というのは身体の成長期、いわゆる小学校高学年から高校生くらいまでのお子様に表れる症状です。特にスポーツを行っている方は、症状が著明に表れてしまいますので、注意が必要です。成長期が終わるまで症状が改善されないと思われてしまいがちですが、白山市西新町のヒデスポーツ整骨院までご来院頂ければ、根本から改善していく事が出来ます。

成長痛はバスケットやサッカー、陸上競技、野球などの激しく身体を動かす競技を行っている方に発生しやすいです。練習を休みたくないからといって、我慢してそのままにしてしまうと、痛みのために思うように身体を動かすことが出来なくなってしまう事もあります。お早目に白山市西新町のヒデスポーツ整骨院までお越しください。

白山市西新町のヒデスポーツ整骨院では、こうした痛みを原因部分から取り除いていくことが出来ます。痛みの出ている患部だけではなく、全身のバランスを調整していき、負担をかけないようにするということもとても大切です。お早目にお越しください。

オスグッド

オスグット病は、バスケットボールやサッカー、陸上などのスポーツのし過ぎによって、膝の脛骨粗面(膝のお皿の下)に痛みが表れる疾患です。症状が悪化してくると、少し触れたり動かすだけでも、強い痛みを感じたりして日常生活にも大きな支障が出てしまいます。膝の痛みを感じたら出来るだけお早めに白山市西新町のヒデスポーツ整骨院までご来院ください。

オスグット病は、成長期と呼ばれる、小学校高学年~中学生くらいまでのお子様に表れる疾患です。オスグット病は、大腿四頭筋という筋肉の付着部分(脛骨粗面)が引っ張られ、膝下の骨が隆起したり、剥がれてしまったりすることによって炎症が起こります。白山市西新町のヒデスポーツ整骨院では、手技療法や物理療法を使い治療していきます。

オスグットと成長痛を同じように考えてしまっている方もいらっしゃるかと思います。しかしきちんと治療をしないと成長が止まったのにも関わらず痛みが続いてしまい、動かしづらくなってしまうこともありますので、放置せずに白山市西新町のヒデスポーツ整骨院で改善させておくことが大切です。

シーバー病

シーバー病とは別名「踵骨骨端症」とも呼ばれており、10歳前後の男子に多く発生する疾患です。シーバー病は成長期に発生するため、オスグットと同様に成長痛と呼ばれておりますが、成長期に起こりやすいというだけで、成長が終わらないと改善されないという訳ではありません。白山市西新町のヒデスポーツ整骨院にて、的確な治療を行う事により、根本から改善することが可能となります。

シーバー病の主な症状は、踵の疼痛です。中には踵だけではなく、アキレス腱や足裏全体が痛くなる方もいらっしゃいます。発達段階の子供は、踵の骨の先が成長軟骨という柔らかい骨で出来ており、活動が活発な成長期には、アキレス腱や足底筋膜が成長軟骨を引っ張ってしまい、炎症を起こしてしまうのです。白山市西新町のヒデスポーツ整骨院ではシーバー病のしっかりとした治療が行えますので、是非一度お越しください。

白山市西新町のヒデスポーツ整骨院のシーバー病治療は、まずアイシングや超音波治療器を使って炎症を取り除き、緊張した筋肉をほぐし関節のアライメントを整えていきます。そうすることによって、根本から改善することが出来るのです。

有痛外脛骨

有痛性外脛骨とは、内くるぶしの前下方にできる外脛骨という種子骨に痛みが表れる疾患です。この外脛骨と呼ばれるところに後脛骨筋というものが付着しており、偏平足、回内足があると外頸骨に付着する後脛骨筋が牽引されます。その状態で過度な運動を行い、繰り返し牽引をかけてしまうと、外脛骨に負担がかかり炎症を起こしてしまうのです。白山市西新町のヒデスポーツ整骨院では有痛性外頸骨の治療を行っておりますので、一度ご来院下さい。

白山市西新町のヒデスポーツ整骨院では、まず牽引されて緊張している後脛骨筋を、独自の手技療法でほぐしていきます。そして、物理療法(超音波)などを使い、炎症を抑えていきます。痛みで中々思うように動けないとお困りの方は、一度白山市西新町のヒデスポーツ整骨院までお越しください。

有痛性外頸骨は、患部のみを治療しても根本的解決とはなりません。患部だけではなく、身体全体を診ていき、歪んでいるアライメントを整える、隣接している筋肉の緊張をほぐすなど、全体を治療していく事で、根本改善となるのです。

シンスプリント

シンスプリント(過労性骨膜炎)とは、ランニングをされている方ならご存知かと思いますが、ふくらはぎの内側中1/3から下1/3にかけて生じる痛みの事を言います。 シンスプリントはお早目に治療しなければ症状が悪化してしまう可能性がありますので、白山市西新町のヒデスポーツ整骨院で根本から治療していきましょう。

シンスプリントは、10代から40代、特に16~17歳ぐらいの女性の方に多く、ランニングを始め、バスケットボール、サッカーなど走るスポーツで発生致します。特に練習量が急激に増加したときなどに発生することが多いので、注意が必要です。

シンスプリントは、扁平足や筋肉の機能低下、柔軟性の欠如、練習する場所の表面(アスファルトなど)、靴、練習方法などが発生の原因とされています。その為、白山市西新町のヒデスポーツ整骨院は、それらの原因を取り除いていく専門治療を行います。是非一度お越しください。